2019-01-13

笹塚

昼、笹塚へ。

「豪快」で、醤油ラーメンで昼餉。

ドトールに移動し、昨日届いたばかりの「クルド人を知るための55章」を読む。


午後、甲州街道沿いのカラオケ屋で、チェシュメのふたり、北川くん、藪下さんらと新春カラオケ。

昼からワインを飲み過ぎた。


夕方、近所のインドカレー屋に移動して夕餉を注文。

しかし酔いが回ってじっと座っておれず、外を徘徊。

店に戻ったらもうお開きの時間になっていた。。。


笹塚の駅で、ついにこらえきれずリバース。ひさしぶりに気持ち良く勢いのあるマーライオン状態であった。。


夜、帰巣本能にまかせて帰宅。

嫁さんと猫たちに白い目で見られつつ、リビングの上で撃沈。

2019-01-12

狛江

昼、太鼓を携えてチャリで狛江に向かう。

途中、国領の「百笑食堂いしかわや」に寄って塩ラーメンで昼餉。

とても上品な仕上げの澄んだスープだが、ほどよくコクがあって食べ応えあり。

削り節の風味も感じるが、それだけではない奥深い香りもはらんでいて、病みつきになりそう。


昼過ぎ、和泉多摩川駅近くの「みんなの広場」にて、北川くんとの「イラン音楽コンサート」。

レクチャー半分、演奏半分、というメニューで、3時間にわたってイランにまつわるあれやこれやをお話ししたり、音楽をしたり。

イランの音楽は静かで優雅ですね、という感想があり、我が意を得たり、で嬉しい。


夜、狛江駅前の居酒屋に移動し、打ち上げに参加し、みぞれが降る空模様のなか、チャリで帰宅。


2019-01-11

笹塚

夕方、太鼓を携えて笹塚チェシュメへ。

日本の大学に招聘教員としてイランから来日しているサラさん、その旦那さん、彼らの友人らが来店。

サントゥールやトンバクを演奏するサラさんと、音楽の話をあれこれ。

あとから合流した北川くん、シアら全員でセッションを。


楽しい時間はあっという間に過ぎて、日が変わるころ帰宅。

2019-01-10

ラム

夕方、嫁さんと車で豊田駅のイオンモールへ。

ラムのカレーとナンで夕餉。

ここに来るたび毎度違うものを注文しているのだが、どれも甲乙つけ難く美味。

今日のラムカレーも、ほどよい辛さと、生のレモンの酸味と、なんとも奥深いスパイスの香りとが絶妙な調和を醸していて、いままで食べたことがないほどの味。

あまりに美味いカレーを食べてセラトニン効果があらわれたか、帰り道は眠くなってしまい運転が危うい。


夜、帰宅。

beeptunes でまだ聴いたことがないあれこれを漁って過ごす。

2019-01-09

とんちんかん

夕方、嫁さんと待ち合わせて調布駅前の「豚珍館」へ。

久しぶりの、にんにくカツ定食で夕餉。

やっぱりここのとんかつが一番好きだ。 安定の味。


夜、イランで買ってきた3冊のトンバクの教則本のうち、勝手に「もっとも上級編」と思いこんでいたものを改めて眺めていたら、ティンパニ奏法の特集号みたいな内容であった。おおっ、ナイス。

しばらく、この本のパターンで遊ぶ。


2019-01-08

仕事始め

朝、久しぶりにラッシュにもまれて笹塚へ。

例年、仕事始めの日はスロースタートでのんびりとエンジンがかかるのだが、今年はいきなりセカンド発進。


夕方、脳疲労を起こしつつ帰宅。


嫁さんが用意してくれた惣菜、昨日の豚汁、サラダで夕餉。


夜、ペジュマーン・ハダーディのトンバクを、Youtube で見まくって過ごす。

この方の手の動きは、見事に「踊って」いる。。 凄い。


2019-01-07

スープカレー

昼過ぎ、嫁さんと車で府中の「鳩時計」へ。

食べに行った友人らがこぞって絶賛していた店に、やっと来れた。

骨つき鶏もも肉がごろっと一個入ったスープカレーとご飯で遅めの昼餉。

スープは、乳製品系のコクを感じる、ややとろっとした質感。

辛さの中になんともいえないまろやかさがあり、食べるごとに後を引く。

これは病みつきになる味。

いい店を知ってしまった。


一度家に戻って車を置き、嫁さんと佐須街道をスタジアム方面に向かって散歩。

ローソンに入り、コーヒーで一服して帰宅。


夕方、スコテッィシュにトンバクを合わせたらどうなるか、という実験。


夜、嫁さんが作ってくれた豚汁で夕餉。


風呂に入り、早めに就寝。

2019-01-06

新宿

昼、新宿へ。


東南口近くの横浜家系に入り、ラーメンで昼餉。今年の初ラーメンは家系。


20号線の陸橋の下にあるアジアンレストラン風カフェで、ベリーダンサー、スコティッシュ・バグパイプ奏者、スコティッシュダンサーらと集い、某イベントでのパフォーマンスについて、顔合わせと打ち合わせ。

ダンスがメインのイベントで、普段ダンサーと絡むことがほとんどないイラン音楽奏者として何ができるか。 


夕方、調布に戻り、自宅近くのスーパーで買い物をして帰宅。


夜、先日コウケンテツさんの番組で紹介していた、ギリシア風タコのパスタを、本物の味をまったく知らないまま、イメージだけでこさえてみる。

赤ワイン、トマトピューレ、八角を含めた何種類かのスパイスが入るのはわかるが、仕上がりの味は自分のセンスのみが拠り所である。

出来上がりは、思っていた以上にタコの風味が美味。嫁さんにもまぁまぁ好評であった。


料理している時点で飲み始めた赤ワインが相当効いたようで、食後にそのままリビングで気絶したが、夜中に目が覚めてしまった。


録画していた映画やドキュメンタリーを見て、早朝に就寝。

2019-01-05

深大寺

昼すぎ、嫁さんと深大寺まで散歩。

三ヶ日も過ぎて、ほどよいくらいの人出。


「松葉茶屋」で、天盛りで昼餉。

ここの蕎麦を食べるのは久しぶり。 美味。


参拝をして、参道で草まんじゅうを頬張り、武蔵野市場の「深大寺カフェ」でコーヒーを飲んで帰宅。


夕方、昨日の北川くんとの稽古録音を聴きながら、太鼓の稽古。


夜、サラダ、ワカメスープで夕餉。


録画しておいた映画「300」を見て就寝。

2019-01-04

初稽古

夕方、チャイの道具一式(笑)、太鼓を携えて調布文化会館たづくりの音楽練習室へ。

1/12 に向けての、北川くんとの稽古。

2月にもこの2人でライブをするので、その打ち合わせも兼ねつつ、4時間みっちりと。


たまたま隣の練習室を使っていた永瀬せんせいと、稽古終わりに駅前のサイゼリヤへ。

ピザやシュリンプなどを肴に赤ワインを飲みつつ、あれこれ四方山話。


帰宅し、録画しておいたドラマを少しだけ見て就寝。

2019-01-03

布田

昼前、嫁さんと布田方面を目指して散歩。

途中、甲州街道沿いにある神戸屋レストランに入り、ハンバーグとパンで昼餉。

つぎつぎに配られる焼きたてのパンを食べ過ぎてしまい、かなり腹一杯。 


最近、住宅地にこつぜんと開店した、タピオカドリンク専門店で、黒糖チャイのホットを注文。

ホットタピオカは初めてであったが、食感がなめらかで美味。ただし、大量に食道を通すと餅事故になりそうでちょっと危険。


夕方、いままで書きためていたイラストを元にして 2月のフライヤー案の作成して関係者に回覧。


夜、豆腐サラダで夕餉。


録画しておいたドラマを見て就寝。


2019-01-02

柴又

朝、嫁さんと電車で柴又へ。


京王線、新宿線、浅草線、北総線と乗り継ぐが、すべての車内でベンチに座れた。さすが正月。

今年は新柴又駅から帝釈天まで歩くコースをとってみる。

高砂方面からは割と混むのだが、新柴又駅からは人もまばらで歩きやすい。このコースはなかなか良い。

昨年のお守りのお焚き上げをお願いし、参拝し、おみくじをひき、今年のお守りを購入。もう30年続けている毎年恒例の行事。


新柴又駅近くのジョナサンに入り、スペイン風オムレツなどを肴に赤ワインで昼酒。


きたときの逆を辿って調布に戻る。


トリエの成城石井で夜の材料などを買って帰宅。


夜、ガパオライス、小づゆで夕餉。 

食べ終わって気がついたが、ガパオにバジルを入れ忘れてしまった。これはこれで美味ではあったが。

2019-01-01

こづゆのような料理、調布

朝、いつもどおりの時間に猫達に起こされて起床。


新年の東京は晴天の日が多く、今年も朝からまっさおな晴れ空。

朝日でぴかぴかにまぶしいキッチンで、子づゆ的な汁物の準備。

貝柱と昆布で出汁をとり、里芋、しらたき、木耳、人蔘、鶏肉などを炊く。

ここに「豆麩」が入っていたら会津の郷土料理「小づゆ」になるのだが、今年は豆麩がないのでそれ風の料理、というこことにしておく。

出来上がった小づゆのようなもので朝餉。


昼すぎ、嫁さんと散歩に出かける。

家の近くの布多天神社には折り返しができるほどの行列ができていた。


調布駅南口のモスバーガーに入り、モスチーズバーガーで遅めの昼餉。


帰りは東側の人通りが少ない方を通って帰宅。


夕方、録画しておいた「石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」の一挙放送分を見る。

ダイアローグのあとの、役者のちょっとした表情の変化をじっくりとみせる編集が秀逸。

すべてのキャスティングがばっちりはまっていて、久しぶりに良いドラマでした。


真夜中、就寝。