2018-07-31

回鍋肉的豚肉生姜焼

夕方、帰宅して晩の支度。

甜麺醤、オイスターソース、豆板醤、酒、おろし生姜などで適当に作った回鍋肉っぽい味付けのソースを豚肉とにんにくの芽を炒めたところに絡めたもの、ご飯、味噌汁、納豆で夕餉。

いい加減に作った中華風生姜焼きのような料理だが、かなり美味。

嫁さんにもウケがよかった。


食後、録画しておいた韓国版「グッドドクター」を見て、早めに就寝。

2018-07-30

あまりに疲れ過ぎていたせいなのか、まだテンションが下がりきっていないのかはわからないが、結局朝まで眠れず。

猫たちにご飯を与え、二度寝を試みるが、うとうとしかけると目が覚めてしまう、をなんども繰り返す。


昼前、ようやくびしょびしょのタープやブルーシート、ポンチョなどを物干し竿に吊るす。

テントは2張あるので、フライシートまでぜんぶいっぺんには干せない。

テントには骨を通してテントの形にしたあと、日光に当てる。


夕方までかかって全てのびしょ濡れ道具を乾かし終え、収納袋に収められた。


夜、蕎麦、満願寺唐辛子チャンプルで夕餉。

あんまり辛くないつもりで買った満願寺唐辛子は、韓国の唐辛子ほどではないがけっこうな辛さであった。

気管支に入った汁にやられ、咽び泣きながらも全て食す。

かなり美味であった。


ワインをすすり、早めに就寝。

2018-07-29

川内村、松戸、笹塚

早朝、というか真夜中、テントを激しく打ち付ける雨音で目がさめる。

登山用のテントなので、このくらいの雨ではビクともせず。

二度寝しようと寝返りを打ったとき、おそらく最後の出演者の演奏がステージ側から聞こえてきた。

かなり演奏ができるシンセと、かなりグルーブをわかっているドラマーの二人組、と思われるその演奏を聴いているうちに、完全に目が覚めてしまった。

起き上がってステージに向かおうかとも思ったが、雨の勢いに気圧され、かつ疲れた身体がいうことをきかぬ。

小一時間ほど、その名もわからぬユニット(じっさいは何人組なのかもまったくわからず)をテントのなかで横になって楽しむ。

空が明るくなりはじめたころに演奏が終わり、ふたたび微睡みはじめたのでそのままうとうととテントのなかで過ごす。


朝、獏言人村謹製の卵でシアが作ってくれたスクランブルエッグ、トースト、イランのチャイで朝餉。

なんと贅沢な食事だろうか。


昼くらいまで、雨がおさまってくれるのを待ってみたが一向に埒があかないので、小雨になった時点でえいや、っとテント、タープを撤収。


昼過ぎ、獏のマサイさん一家、ミュージシャン連中に挨拶し、帰京の途につく。


夕方、松戸で荻野さんを降ろし、隅田川の花火大会でごったがえしているであろう水戸街道を避けて環七に入り、そのまま笹塚のシア宅へ。


夜、無事、帰宅。

とりあえずびしょびしょのテント、洗濯物などを家に運び、熱いシャワーを浴び、宅配ピザを肴にビールとワインで打ち上がる。


ほとほと酔っ払い、床についたのだが、疲れすぎていてなかなか寝付けず。

2018-07-28

笹塚、松戸、川内村

早朝、車で笹塚のシア宅に向かい、本人と荷物を積み込み、一般道を使って松戸方面へ。

荻野仁子さんと合流し、全ての人員と荷物を載せ、常磐道から福島を目指す。


昼、いわきに到着し、イトーヨーカドーで食材などもろもろ調達し、ついに川内村へ。


午後、無事に獏原人村に到着し、小雨が降るなか、タープやらテントやらの設営を済ませ、途中のサービスエリアで買ってきたメヒカリの米麹干しを「燻製器」に仕込み、一休み。


夜、けっこうな雨のなか、我ら RUMI の演奏。

さすがにこの雨では生皮系は無理、ということで、トンバクでやっていた曲は壺に置き換えてやってみた。

初めての試みではあったが、これはこれでアリ。

C# にチューニングしたフレームドラムで演奏したセマー曲くらいから雨が上がり始め、お客さんも徐々にいい感じに聴いてくれている。

最後のクルド曲でけっこうな盛り上がり。

終わってみるとアンコールを要求されたが、潔く予定曲だけで終演。


キャンプエリアに戻り、しとしとと降る雨をタープで凌ぎながら、バーベキューやらアイナメの燻製やらを肴に、三人で打ち上がる。

なかなかいい演奏だったこともあり、いい気になって酔っ払う。

何時なのかわからないあたりにテントに潜り込んで撃沈。

2018-07-27

ネパールカレー

夕方、嫁さんと待ち合わせ、調布駅南口の「エムスキッチン」へ。

マトンカレー、チーズナンで夕餉。

値段的には普通だが、出て来る料理も、お店の雰囲気も、そんじょそこらのネパールカレー屋とは一線を画している。

たぶん、調布で一番(もしかしたら西東京地区で一番)美味いカレー屋なのだが、毎日食べるとなるとやっぱりラージャがいいかなぁ。


夜、帰宅し、明日の準備をして就寝。

2018-07-26

朝、起きてすぐに軽く貧血を起こし、猫たちにご飯を与えて二度寝。


昼、明後日からの旅に備え、車の中を整理。


夕方、晩の支度。

蕎麦、ゴーヤちゃんぷるで夕餉。

俺が作った「なんちゃってチャンプル」に対し、嫁さんはもはや一言も文句を言わなくなった。

たぶん、チャンプルではないけれど、これはこれで美味いのだ。


夜、早めに就寝。

2018-07-25

タイカレー

夕方、帰宅して晩の支度。

バスマティを炊き、イナバのタイカレー缶、サラダ、惣菜で夕餉。


夜、やっと少し涼しくなり、負担を感じなくなった、と思ったら強烈な眠気。

ものすごく早い時間に床に就き、就寝。

2018-07-24

ほか弁

夕方、チャリで布田にあるほか弁屋へ。

嫁さんのために鯖塩焼き弁当、俺は唐揚げ弁当を買う。

帰宅して、ほか弁の夕餉。


夜、録音の続きをやって早めに就寝。

2018-07-23

雑司ヶ谷

夕方、職安通りの韓国広場へ。

豚のバラ肉 1kg、サンチュ代わりのサニーレタス、エゴマ、サムジャン、チュミスルなどを調達し、副都心線で雑司ヶ谷へ。


夜、鳥山さん宅で近藤さん、沖中さん、のむちえさん、花おるさん、牧くん、赤松さんらが集結して家飲み。

キッチンをお借りし、肉を焼きまくって用意したサムギョプサルは、みなさん美味しいと言ってくれて、1kg の肉は綺麗に片付く。

ビール、チュミスル、ビール、というローテーションで、ちょっと飲みすぎた。


夜、たぶん32、3℃はあるだろうと思うなか、酔っているのか、暑さでやられたのか、あるいはその両方か、というよれよれな足で目白駅まで歩き、京王線のなかで危うく爆睡しかけたがなんとか調布に戻る。


ちょうど日が変わった頃、帰宅。

さっと風呂に入り、布団に潜り込んで気絶。

2018-07-22

原宿

朝、今日からネットプロバイダがソフトバンクに切り替わるのでルータの設定など。


昼前、原宿へ。

シア、荻野仁子さんらとカラオケボックスで 7/29 のリハ。

原宿に来るときは皮膚が焼けそうになるほどの暑さだったが、リハを終えてカラオケボックスの外に出てみると、少し雲が出てきたおかげか少しだけ暑さは柔らかくなっていた。


昼過ぎ、帰宅して録音の続き。


夕方、嫁さんと車で三鷹のバーミヤンへ。

冷やし担々麺、麻婆豆腐で夕餉。


夜、少しだけ録音作業の続きをやって就寝。

2018-07-21

朝から録音機材の前であれこれとリズムトラックを録音。


エアコンをかけてはいるが、外の熱気が家の中にまで伝播してくるよう。

身体が常に熱い。


夕方、さっと晩の支度。

蕎麦、サラダ、先輩からいただいた鯵の開き、大根おろしで夕餉。


夜、録画しておいた「あゝ荒野」の後編をやっと見終える。

菅田将暉とヤン・イクチュンの対決シーンが素晴らしい。

2018-07-20

ラージャ

夕方、嫁さんと調布駅近くの「ラージャ」へ。

かなり久しぶりに来たな、と思っていたら、店員さんからも「お久しぶりです」と言われる。

生ビールを飲みつつ、マトンカレー、この店名物の巨大なナンで夕餉。


帰宅し、赤ワインを飲みつつ、録画しておいたアメリカ版と韓国版の「グッドドクター」をそれぞれ一本ずつ見て就寝。

2018-07-19

ガパオ

夕方、帰宅して晩の支度。

バスマティライスを炊き、生姜、ニンニク、オイスターソース、ナンプラーで味付けして炒めた鶏のひき肉を乗せたガパオで夕餉。

ここ数日続いている酷暑にやられてしまい、いまひとつものごとに集中できず、盛り付ける段になってテキトーになってしまった。

味は良い、と嫁さんからの評。


腰に鈍痛がまだ残っており、床に座っていることができない。

風呂上がりにお灸を据えて就寝。

2018-07-18

ほか弁

朝、起きてみると、久しぶりに硬い床の上で寝たせいか腰がありえないくらい痛い。

とりあえず、お灸を据える。


夕方、嫁さんと車で西調布のほか弁屋へ。

家に戻り、DX生姜焼き弁当、鶏の唐揚げで夕餉。


夜、録画しておいた「プロフェッショナル仕事の流儀 宇多田ヒカル」を見る。

楽曲を、バンドに委ねるまでは徹底的に自分だけで練り上げていく姿勢が素敵。

そして、36歳の宇多田ヒカルの顔は、お母さんの面影がとても濃くなっていた。


2018-07-17

高田馬場

夕方、高田馬場へ。

いつもの中華屋に入り、豆腐の干物を肴に190円の生ビールで晩酌し、野菜刀削麺で早めの夕餉。


夜、Jet Robot にて、毎月恒例の JetPoet - 詩の朗読と即興音楽の宴。

今回も味のある人たちが集い、色濃い時間を過ごす。

それにしても毎回思うが、ドラムセットという楽器は、図体ばかりでかくて扱いにくい野郎だ。


日が変わる寸前に帰宅。

リビングのフローリングに寝転がり、傍に寄ってきたふわ吉の腹をさすっていたら毛玉を見つけたので、はさみを使って丁寧に取り除いてやる。

そのまま床に大の字になって就寝。

2018-07-16

シアタス

朝、先日届いたばかりの「燻製セット」を組み立て、まずはキッチンのコンロで「熱燻」を試す。

しかし、当たり前なのだが換気扇を回して煙の換気をすると、せっかくのエアコンの冷風が全て漏れてしまう。

それで、スモークウッドを炊けばあとはほったらかしにできる「温燻」に切り替えることにして、燻製器をベランダに出し、鶏のささみ、カマンベールチーズを仕込む。

2時間ほど燻してみたが、カマンベールチーズはまぁ成功、ささみ肉は本来熱燻でやるべきなので案の定、中まで火が通らず。

とはいえ、実際にやってみていろいろ理解できたので良し。


昼、嫁さんとチャリで調布駅へ。

「ポポラマーマ」でジャガイモのジェノベーゼパスタを注文して昼餉。


食後、そのままシアタス調布に向かい、「ハン・ソロ」鑑賞。

エピソード4、5、6に上手く辻褄を合わせた、とも見えるし、4、5、6がとてもよく出来た話だったからこういう派生系が成立する、とも見える。

普通に面白かったのだけれど、スピンオフものでは「ローグ・ワン」という傑作があることを知ってしまっているので、手放しで絶賛できず。


夜、アボカドのサラダに朝作ったささみの燻製を加えたので夕餉。

電子レンジでチンしたのでちょっと身が硬くなってしまったが、燻製らしい香ばしさが大変に美味。



2018-07-15

代田橋

昼前、明大前で電車を降り、歩いて Iさん宅へ。

先に来ていたチェシュメのめぐみちゃん、ケリーさんらと合流するが、火炎地獄の如き外から、エアコンが効いた極楽浄土にやっとたどり着いたのですぐに動けず。

汗が引くのを待ち、I さんの引越し後の片付けを少々お手伝い。


全員で代田橋駅まで歩き、CHUBBY へ。

霧島豚のソテーとパンで昼餉。

ゆったりと広々とした店内は、休日の午後を過ごすのにとてもいい空間で、料理も美味であった。

食後、ケリーさんとあれこれ打ち合わせ、とりあえず Rain In Eden のリズムトラックを俺がいくつか作ってみることになる。

はてどうなるか。


夕方、帰宅し、会津から届いた喜多方ラーメンと餃子で夕餉。


夜、さっそく Logic を立ち上げ、ぼちぼちとトライ。

2018-07-14

調布

朝、嫁さんと駅近くのジョナサンへ。

目玉焼きセットで朝餉。


食後、そのままソフトバックショップに向かい、iPhoneを機種変更。

自宅のネット環境の支払いをソフトバンクに一元化すると、月々の支払いがお安くなりますよ、というので、言われるがまま手続きをしたのだが、自宅のネット環境の契約がどうたらこうたら、がもうかなり昔のことで思い出せず。

結局、店に入ってから2時間後、どうにか全ての手続きが終わって解放される。


昼、一旦家に戻り、嫁さんのiPhoneの復旧作業。


昼過ぎ、調布市役所近くの「グリーンホール」へ。

会津の先輩である湯浅ジョウイチさん率いる楽団と、活弁士付きの無声映画とのコラボを見る。

音楽はあまり多くを語らず、という方針なのか、2時間近くの上映中に演奏された楽曲の数は 5、6曲くらい。

ワンコーラスを、きっかけとなるシーンが映写されるまで延々とリフレインさせるという手法。

演奏がよほどしっかりしていないと、こういうやり方は難しい。しかし、さすがにクラシック出身や学校の先生クラスで固めた楽団だけあって安定感は素晴らしかった。

とはいえ、いたるシーンで同じ曲が繰り返し使われると、曲に対するイメージで映像を追いかけるのに躊躇してしまう。ほんとにこの曲でいいの?と。


終演後、先輩にご挨拶して別れ、帰りにビックボーイでiPhoneのカバーを買って帰宅。


夕方、宅配ピザで夕餉。


食後、録画しておいた映画を見始めるが、起きていることができず、早々に就寝。

2018-07-13

サイゼリヤ

夕方、嫁さんと待ち合わせ、調布駅南口側のサイゼリヤへ。

スペアリブ、ピザなどを肴に、赤ワインで夕餉。

結構飲み食いしたが居酒屋などに比べたらものすごく安上がりで済んだ。

サイゼリヤ、最高。


帰宅し、録画しておいたドキュメンタリーなどを見て就寝。

2018-07-12

暑気払い

夕方、仕事場の一室で暑気払い。

参加者が思いの外少なく、ケータリングで取り寄せた寿司やピザが余りそうということで、肴には事欠かず。

誰かが差し入れてくれた、熊本の米焼酎が矢鱈に美味。

あまり話をしたことがない人ばかりの飲み会ではあったが、酒が入れば、そこはどうでもよくなる。

なんだかんだで結構酔っ払う。


夜、帰宅し、さっと風呂に入ってさっさと就寝。

2018-07-11

干物

夕方、帰宅して晩の支度。

先日、先輩から手土産にいただいた鯵の開き干し、サラダ、味噌汁で夕餉。

鯵とはいえけっこうおおぶりで、東京のしょぼい居酒屋で出てくるほっけくらいある。

身に旨味が凝縮しており、醤油などあまり付けなくても食べられる。

美味。

重ねて、先輩には感謝。


嫁さんが、ついに我らのiPhoneを新しくする、というので、バックアップやらLineの引き継ぎの仕方などを調べる。

2018-07-10

喜多方ラーメン

夕方、帰宅して晩の支度。

会津から送られてきた喜多方ラーメンで夕餉。

あまりラーメンが好きではない嫁さんが、ほぼ唯一と言っていいくらい食べられるのが、縮れ麺と鶏ガラ醤油スープの会津系ラーメン。


食後、録画しておいた「半分、青い」を見て早めに就寝。

2018-07-09

煮魚

夕方、帰宅して晩の支度。

昨日、本多先輩からいただいた冷凍の煮魚、ご飯、味噌汁で夕餉。

小田原で買ってきたという煮魚は、脂がほどよく乗っており、身があまく、骨までむしゃむしゃと食べられるほど柔らかくて美味。

いいものをいただいた。先輩に感謝。


今日はリビングも寝室もエアコンを入れて就寝。

2018-07-08

二宮

昼前、太鼓を携えてチャリで狛江駅へ。

駅にもっとも近い駐輪場にチャリを停め、小田急線に乗って秦野駅で降り、本多先輩が運転するBMWで二宮にあるご自宅へ。


ドラマーである本多先輩のご子息Yくんに、ダフを一つお譲り。

一ヶ月くらい前に教えたフレームドラムは、もうそうとうに上手くなっていた。さすが。


本多先輩に呼ばれていらしていた舘先輩も居て、日の明るいうちからがっつり飲みになってしまった。

しかしまだ高校生で酒が飲めない Yくんに酔っ払い達の話をただ聞かせるのはしのびない。

Yくんと俺の太鼓、舘さんのギターでセッションを仕掛ける。


そうとうに酔っ払っているとはいえ、ツボに入るリフを繰り出す舘さん。さすが元◯クトー・◯インズ。

次またこんな機会があったら酒抜きでやりたし。


夕方、本多先輩のBMWで秦野駅まで送ってもらい、狛江駅でチャリを出そうとしたら駐輪代が 700円(!)。

びっくりしてよく看板をみたら駅中にある商業施設専用の駐輪場だったようで、最初の2時間以降は 100円/1H と書いてあった。

財布が薄くなってしまったのでコンビニでおにぎりを買って帰宅。


2018-07-07

新宿

夕方、太鼓を携えて新宿へ。

少し早く着いたのでベローチェに入って時間を潰し、「新宿マイスタジオ」へ。

荻野仁子さん、シアと合流し、7/29 のリハーサル。

今回は「お祭り」な会場での演奏なのでクルド曲がメニューに追加される。

ウードが入るとアンサンブルに厚みが出て、シアと二人だけでやるクルド曲よりも祝祭感が増して楽しい。


夜、帰宅。

録画しておいたドラマを少しだけ見て就寝。


2018-07-06

雑司ヶ谷

夕方、雑司ヶ谷の鳥山さん宅へ。

雨がそぼ降る中、鬼子母神まで二人で散歩。

本堂に飾ってある、鳥山石燕による太平記の一場面(大森彦七の図)が描かれた絵馬を見せていただく。

構図といい、筆跡といい、その存在がものすごい迫力。

良いものを見せてもらった。


境内でやっていたお祭りたこ焼きや鶏のステーキなどを買ってご自宅に戻り、それらを肴に軽く飲みながら打ち合わせ。


雑司ヶ谷から目白駅まで歩き、山手線〜京王線に乗って帰宅。


録画しておいた韓国晩「グッド・ドクター」を一話分だけ見て就寝。

2018-07-05

豚生姜焼き

夕方、帰宅して晩の支度。

大量のサラダ、豚の生姜焼きで夕餉。

おろし生姜をどっさり入れて作ったタレがかなり美味でついご飯が欲しくなるが、そこは我慢。

1年5ヶ月ぶりに今日から職場に復帰した嫁さんは、やはりそうとうに疲れたと言っている。

豚肉で疲労回復になれば良いが。


今日も、ものすごく早い時間に就寝。

2018-07-04

蕎麦

夕方、帰宅して晩の支度。

蕎麦、少し甘めに作った麺つゆ、サラダで夕餉。

水でもどした乾燥海藻と一緒に、冷やしわかめ蕎麦で食べてみたけれどこれもアリ。


明日から職場復帰する嫁さんは、ものすごく早い時間に床に就くというので俺も一緒にものすごく早い時間に就寝。

2018-07-03

バーミヤン

朝、イヤフォンが壊れていることに気づく。

ドトールで朝のコーヒーを飲んでいる最中、BGM がどうしても気になってしまう。



夕方、石垣島から帰ってきたばかりの嫁さんと、車で三鷹のバーミヤンへ。

冷し担々麺、サラダで夕餉。


帰宅し、太鼓の稽古をみっちりとやり、さっと風呂に入って早めに就寝。

2018-07-02

篭 -2-

朝からアホになりそうなほどの猛暑。


録画したままだった 2018年度版の「プルートゥ」を見る。

シアターコクーンで実際の舞台は見ているが、映像として切り取られたものを見るのもまた一興。

恐ろしいまでに緻密な舞台転換は、映像で細部をみてさらに驚くべき点を発見。


夕方、一人ぶんだけめんつゆをこさえ、蕎麦で夕餉。


風呂や猫トイレの掃除をして就寝。

2018-07-01

朝、法事で石垣島に飛ぶ嫁さんを調布駅まで車で送り届ける。


久しぶりに家に人間 x 1、猫 x 2。

溜まりまくっていた映画、ドキュメンタリー、ドラマなどを片っ端から見まくる。


夕方、先日とはまた違ったアレンジの鶏ガラベースのすいとんをこさえて夕餉。

今回はたけのこ、生姜などを入れ、中華風スープにしてみた。

嫁さんに食べさせることができずに残念なくらい美味。


映像データは、結局分割して送ることにした。

とりあえず Google Drive にコピーし、先方に連絡する。



調布、雑司ヶ谷