2020-01-25

目白、池袋

昼前、嫁さんと電車で目白へ。


大好きな喫茶店「伴茶夢」に入り、ドライカレー&ハンバーグで昼餉。

メニューを見ていたら「パンカレー」もいけそうかな、ってことで、追加注文。



いずれも、喫茶店らしい軽食。とっても美味でした。


食後、歩いて東京芸術劇場へ。

トム・プロジェクトプロデュース公演「沖縄世(うちなーゆ)」観劇。



瀬長亀次郎を下地にしたフィクションではあるのだが、瀬長本人が演説で使った言葉はそのまま出てくるし、沖縄で実際に起こった米兵による少女暴行事件などはほぼ事実のままセリフに登場するし、限りなく「再現ドラマ」に近い。

とはいえ、瀬長(劇中では島袋亀太郎という役だが)の妻には沖縄の女傑と言われた照屋敏子をモデルにした人物をあてがったりするなど、現実と創作のバランスがよく計算されていて面白い。

その島袋亀太郎の妻役である島田歌穂さんがとっても素晴らしい。。ここぞ、という時のイントネーションの使い分け、そしてカチャーシーの歌声など、見事な役作りをされていた。

初日からして、ダブルのカーテンコールが起こったほど、素敵なお芝居でした。


終演後、楽屋で鳥山さんらにご挨拶し、嫁さんと二人で歩いて雑司ヶ谷方面に移動していつもの「焼きトン屋」でまずは二人きりで打ち上げ。

やがて、初日乾杯を終えた鳥山さんも合流し、お芝居のことや沖縄のことなど、三人であれこれと四方山話。

ホッピーでほどよく酔ったので、今日はもうアルコールはいいか、と思っていたのだが、店員が二度も間違えて運んできたホッピーの「ナカ」を、つい「いいよいいよ」と飲んでしまったら、さすがにちょっと too much であった。。


夜、ふらふらになって目白まで歩き、「志むら」で九十九餅を購入し、帰宅。


そうとうに酔っぱらっているのだが、食後のデザート(?)に九十九餅を二切れほど。



以前、鳥山さんからいただいたのがあまりにも美味で驚いた。。葛餅に雛豆が混じっており、その食感も楽しいし、なによりほどよい甘さが病みつきになる。。


横になり、録画しておいたブラタモリの再生ボタンを押したとたんに気絶。


2020-01-24

寿司

夕方、いったん帰宅し、嫁さんの帰りを待って車で柴崎の「魚べい」へ。

まぐろ、たこ、ぶりなどなど、いろいろ食ったなぁ。。寿司で腹一杯になるなんて、贅沢なことです。

茶碗蒸しで締めて、ごちそうさまでした。


夜、Layla ライブのためのフライヤーデータを整理。

今回は別の方がデザインしてくれたものをそのまま使うので、俺的には超楽。

印刷屋にオンラインで入稿して、就寝。


2020-01-23

成城

夕方、仕事場がある代々木上原から小田急線に乗って成城学園前へ。

この界隈は、自宅からチャリで祖師ヶ谷大蔵に移動するときに通り過ぎるだけで、駅で降りたのも周辺をぶらぶらするのも人生初。

あちこち歩き回ってよさげな店を物色してみるも、結局「日高屋」に入り、ホッピーセットで晩酌。苦笑



「銀杏のオリーブオイル漬」というのがめちゃ美味。しばらく日高屋に来てなかったけれども、いろいろメニューが新しくなっているような気がする。。

締めにラーメンを注文し、ほどよく酔って腹もいっぱいになったら、なんだか気が済んでしまい、このあと某ライブを見ようと思っていたのだがそのまま駅からバスに乗って調布に戻る。


夜、帰宅。

改めて、赤ワインを飲み始め、一本空けたところで、先日の「神亀」の残りにも手を伸ばし、瓶に半分あったのを結局全部飲んでしまった。

酒の量、本日は too much。。とはいえ、泥酔というわけでもないからちょっと質が悪い飲み方かもしれない。。


WOWOW で変身ロボットの映画をやっているのを眺めていたら、劇中で 80's の音楽がふんだんに使われており、テレビを消して Youtube であれこれ聴いていたら止まらなくなる。


日が変わるころ、やっと俺の電池が切れて就寝。


2020-01-22

タイカレー

夕方、帰宅して晩の支度。

バスマティ米を炊き、イナバのタイカレー缶、スーパーで買ってきた春雨サラダ、パクチーサラダで夕餉。

バスマティ米を炊くことを覚えてから、我が家で最短でできる献立がいろいろ増えて助かる。。


夜、Amazon Prime で借りた瀬長亀次郎のドキュメンタリー「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」を見る。

戦後、沖縄県民の人権を守るために闘い抜いた瀬長に、心の底からシンパシーを覚える。

初めて沖縄に行ったとき、58号線沿いに延々と伸びる基地のフェンスを見て言葉を失ったことを、俺は死ぬまで忘れない。

明治維新以降、日本という国が抱える様々な矛盾、葛藤、そして理不尽な現実の全てが、沖縄にいまでも色濃く蓄積しているのは間違いない。

沖縄に重くのしかかっている諸問題を解決できる政策を施行できることこそが、国の在り方をきちんと体現できる政治というものなのではないか。

米国という金魚の糞のくせに、いっぱしの文明国のような素振りをしている日本という国が、俺はほんとうに嫌いである。


2020-01-21

高田馬場

夕方、太鼓を携えて高田馬場へ。

いつものサイゼリヤに入り、サラダ、グラタンなどを肴に赤ワインで晩酌。



アロスティチーニ(ラム串)はここでも品切れ。。。残念。

とはいえ、消費目的で羊が大量殺戮されるのはいやだなぁ。

などと思いながら、ワインを一本分(750ml)空けてしまった。。あーぁ。。


夜、Jet Robot にて、毎月恒例「詩の朗読と即興音楽の夜」。

ゲスト無し、鍵盤奏者の志賀さんもお休みではあったけれども、いつものように言葉のさざ波に揉まれる時間が過ぎる。



途中、珍しく音楽メンバーもマイクの前に立つ時間もあり。たまにはそんなのも楽しいね~。俺はファッキン忖度っていう話をしてやったぜ。


終演後、早めに離脱して調布に戻り、帰宅。

結構な量のワインを飲んでいるのだが、即興演奏にかかる集中力のためにアドレナリンを全力投入するので、終わってみると酔いは完全に覚めている。。その代わり、疲労感もそうとう現れる。。


ほとほと疲れ果て、日が変わる手前に就寝。


2020-01-20

カレーうどん

朝、録画しておいた「大人の一休さん 一挙放送」を、半分まで見る。一休宗純、やっぱり俺の永遠のアイドルである。もしかしたら俺の前世かもしれぬ。


昼、調布駅近くのカレー屋「かれんど」に入り、カリーうどんを注文。

テーブルに運ばれてすぐ、「お客さん、これ初めて?じゃ教えてあげよう」と、給仕のじいさんがいきなり箸を掴んで皿の中をぐちゃぐちゃと混ぜ始め、「生姜をね、こうよく混ぜないとね。そしてここのうどんの出汁は京風のかつお出汁だから美味いよ〜」などといいながら、いつまでも混ぜるのを止めようとしないので「もうその辺でいいです」と遮った。

馬鹿か、このジジイは。

よっぽど、「わかりました。じゃ自分でもう一度混ぜながら食べるので、これは下げて、新しいのをもう一杯ください」と言おうかと思ったくらい、頭に来た。

しかし、食べ物には罪がない。とりあえず、食べた。が、あまりにも混ざりすぎていて、どこを摘んでも同じ味しかしない。せっかくの干し海老や鰹節や生姜などが全部混ざってしまい、味が濃すぎる。なんだこれ。

もうこの店に来ることは、二度とない。


夕方、帰宅して晩の支度。とはいっても、昼の馬鹿カリーうどんがまだ腹に残っていて、サラダしか食べられぬ。

ワインを飲みつつ、「大人の一休さん」を最後まで見る。

結局、赤ワインを一本空けてしまい、酔っぱらう。


日が変わる手前に就寝。


2020-01-19

会津

朝、嫁さんと電車に飛び乗り、新宿から大宮へ。新幹線に乗り換え、郡山で降りて一時間に一本しか走っていない磐越西線に乗って会津へ。

郡山からの車窓の風景は、いまが一月であることを忘れてしまうくらい、異様、、、まったく雪がない。

さすがに磐梯山を越えたら、と思っていたのだが、山肌のハゲたゲレンデが痛々しいほど、山にも雪は積もっていなかった。

バブルの頃に一気にハゲてしまった磐梯山や周辺の山々は、バブルがはじけて倒産したリゾート会社の負債を、その風景にまだまだ色濃く残している。

観光なんて所詮は博打、あるいはペテンである。それで飯を食おうという浅はかな連中の食い物にされてしまい、我が故郷の自然はほんとうに可哀想。


昼、父親が入院している病院に到着。

数日前に手術を終え、まぁまぁ元気そうな父親を見舞う。


お寺さんに移動して墓参りを済ませ、会津若松駅に戻ってきたら、もう帰りの電車の時間。

駅の売店でおにぎりなどを買い、再び電車に乗って東京に戻る。


夕方、調布に戻り、成城石井で惣菜などを買って帰宅。


夜、昨日 The Ancient World で買ったアルメニアのワインを舐めつつ、買ってきた惣菜で夕餉。

アルメニアのワインは本当に美味。ワインだけで存在感があるので、つまみなどは本当は要らないくらいなのだが、今日一日コンビニのおにぎりしか食べていないので腹が減りすぎていて、ついあれこれと食べすぎてしまった。


食後、さっさと布団に倒れ込んで瞬殺で爆睡。